IELTSのスピーキングで5.5スコアがどうしても取れない方へ

IELTSスピーキング5.5を目指すならベストティーチャー

IELTSのスピーキングの目標スコア5.5を最短で達成したいならベストティーチャーがベストな選択だと思います。

 

それは、スピーキング力とライティング力の両方を伸ばすことができるからです

 

IELTSはライティングとスピーキングが命

 

↓↓↓↓↓↓

⇒IELTSのスピーキングとライティング対策に絶対オススメなオンライン英会話を今すぐチェックする

スピーキング力アップはとにかく話すことにつきる

スピーキング力をアップさせるためには、とにかく英語を話すこと!これに尽きます!

 

どれだけの時間、英語で話したか?スピーキングの練習をしたか?その量に比例してスピーキング力は間違いなくアップします。

 

 

「オーストラリアのTAFE(専門学校)に入りたいけれど、入学に必要なスコア5.5を取る自信がない・・・」

 

「永住権を申請したいけれど、IELTS6.0が必要なんだって。どうしよう・・・」

 

リスニングとリーティングはなんとか自分で対策できるけど、やっぱスピーキングだよなぁ。。。

 

まさに、以前の私がこんな悩みを持ってました。

 

英単語クッキー

 

こんにちは、現在、オーストラリアに住んでいるシンヤです。

 

私は5年前に、オーストラリアの永住権を無事取得して、今はゴールドコーストで家族で暮らしています。

 

20代のときオーストラリアに留学をしたことをきっかけに移住の夢を持ち続け、35歳のとき、それまで働いていた会社をやめてオーストラリアに来ました。

 

まずは学生ビザを取って、現地の専門学校に通いました。

 

永住権を取得するのに有利な職につくために勉強が必要でしたので。

 

オーストラリアの専門学校はTAFEと呼ばれる職業訓練機関ですが、まずここに入学するのに必要なIELTSのスコアが5.5でした。

 

それまで、ロクに英語の勉強もしていなかった私は、IELTSの試験を2回受けたものの、取れたスコアは4.5。

 

トホホな状態でした。

 

スコアを見たときは愕然として、夢が遠のいていく気がしました。

 

一応、IELTSの対策本を買ってきて、問題を解いたりしていたので、リーディングやリスニングについては、ある程度準備ができていたのですが、スピーキングとライティング(特に2問目)は全く自信が持てないまま試験に臨んでいましたので、当然の結果といえば当然の結果ですが・・・。

 

まさに、スピーキングとライティングのスコアが足を引っ張っていたんですね。

 

ちなみに、ILETSのスピーキング5.5というのはどのくらいの力かを動画で確認してみましょう。

 

 

どうでしたか?

 

「俺はこんなにしゃべれない・・・」という方も多いと思います。

 

特に、日本人のIELTS受験者は、スピーキングが苦手な人が多いと聞きます。

 

日本の英語教育というのは、リーディング(読む)やリスニング(聴く)、文法の勉強といったようなインプット主体で、実際に話したり書いたりするアウトプット型の教育はほどんどしていないのが現状ですからね。

 

独学でIELTSを勉強するにしても、アウトプット型の英語力は一人ではなかなか上達しません。

 

リスニングやリーディング、ライディングはある程度自分ひとりで試験対策ができるのに対し、スピーキングは誰かと実際に話して場数をこなす必要があります。

 

重要なことなので、もう一度いいます。

 

スピーキングは誰かと実際に話して場数をこなす必要があります。

 

これは、ライティングも同様です。

 

それは十分に理解していましたが、日本で普通のサラリーマン生活を送っていた私には、英語で話せる外国の友人などいませんでしたし、フェイスブックで英語でチャットしている友人・知人もいませんでした。

 

いわゆる、英語のインプットはできていても、アウトプットがほぼゼロの状態だったのです。

 

オーストラリアに住んで、ネイティブに囲まれた職場で英語で会話している現在の私から言わせれば、これでは、英語力、とくにスピーキング力は上がりません。

 

スピーキングとライティングはアウトプットが命です。

 

いかに、英語を話したり、書いたりする環境を作れるか?

 

これにかかっているといっても過言ではありません。

 

でも、日本にいながら、自宅にいながら一人でもスピーキングやライティング力を伸ばすことができるようになりました。

 

それば、ズバリオンライン英会話です。

 

オンライン英会話のスゴイところは、どこにいようが、自宅にいながらでもマンツーマンで英会話ができることです。

 

単語やイディオムを覚える、英語のニュースやポッドキャストを聞く、Youtubeで英語のチャンネルを視聴する・・・

 

これらは、どれもインプット作業です。

 

英語の辞書

 

でも、英語を話したり書いたりするには、絶対にアウトプット作業が必要になります。

 

インターネットにつながっていれば、どこにいてもマンツーマンで、しかも格安料金で英会話ができる、それがオンライン英会話です。

 

でも、一口にオンライン英会話といっても、その数は多くて、どれを選べばいいのかわからない、という方も多いと思います。

 

どのオンライン英会話も、それぞれ特徴があっていいと思いますが、もしあなたが、絶対にIELTSのスピーキング力とライティング力を上げたいと願うなら、僕はベストティーチャーがいいと思います。

 

実際のベストティーチャーのレッスン風景の動画を観てください。

 

 

ベストティーチャーが他のオンライン英会話と違う点は、スピーキングと合わせてライティングのレッスンもできること。

 

当たり前のことですが、書けないと話せません。

 

そして、話せないと書けません。

 

この事実がわかっていると、スピーキングとライティングの練習を積み重ねることで、英会話力は一気に上がることがわかりますよね。

 

特に日本人は、完璧主義の人が多いため、「まだ英語はうまく話せないから・・・」と引っ込み思案になり、ネイティブと積極的に話そうとしませんが、これではスピーキング力はいつまでたってもアップしません。

 

ただでさえIELTSのスピーキング試験は緊張するため、ある程度スピーキングに自信をつけてから受けないと、しどろもどろになって思うように答えられないという最悪のケースに陥ります。

 

実際、私もその一人でしたのでよくわかります。

 

 

ベストティーチャーのIELTS対策コースは、24時間いつでも好きなときに自宅にいながらレッスンを始めることができるのが魅力的です。

 

スクールに通う必要もなく、自宅でネイティブの先生とマンツーマンで話すことができます。

 

Skypeレッスン

 

そして、ベストティーチャーがIELTSのスピーキング対策に向いている、もうひとつの理由は、「自分の話したい英語を学べる」という点です。

 

ハッキリ言ってこれは画期的ですよ!

 

ベストティーチャーと他のオンライン英会話との違いはココだ!

他のオンライン英会話に比べてベストティーチャーが優れているのは、自分の話したい英語を学べるという点です。

 

これがアイエルツのスピーキング対策になぜオススメなのか?

 

IELTSの試験の流れは大きく分けて3つあります。

 

  • 簡単な自己紹介のあと、住居・家族・仕事・勉学・趣味など身近な日常生活の話題について一般的な質問を受けます。
  • 試験官からトピックが書かれたカードを渡され、1分間の準備のあと、1〜2分間のスピーチをします。その後に試験官からスピーチに対しての質問を受けます。
  • 2のトピックについて、より掘り下げた質問を受けます。

 

ちなみに、スピーキングテストは全て録音されます。

 

途切れなく流暢に話せることはもちろん、正しい文法を使っているか、語彙力は豊富かどうか、正しい発音かどうか、全てチェックされますのでごまかしがききません。

 

つまり日頃から、語彙力を豊富に使って、正しい発音で豊富な語彙力で話す練習をする必要があるのです。

 

でも、日本でマンツーマンの英会話スクールで週に数回レッスンに通ったりしている方なら、そんな環境をすでに手に入れていると思いますが、マンツーマンの英会話スクールは費用がかなりかかるので、なかなか選ぶ人もいないでしょう。

 

ちなみに、僕がIELTSの勉強をしていたころは、IELTS対策のオンライン英会話を提供している会社などはありませんでした。

 

都内の英語学校でILETS対策コースがあるところがありましたので受けてみましたが、マンツーマンではなくグループレッスン(週1回)でした。

 

それでも3ヶ月のコースで11万円くらいかかりました。

 

今から考えれば高いですよね。

 

その学校では、スピーキングやライティングの勉強もしましたが、先生は日本人だったのでネイティブと直接話せる機会はありませんでした。

 

でも、ベストティーチャーなら、そんな環境が今日から簡単に手に入ってしまいます。

 

つまり、上に説明した3つの観点から、スコア5.5を確実に出すために日々練習できる環境を手に入れることが可能なのです。

 

たとえば、今日のレッスンでは自分の家族や仕事についてのことを話して、質問もしてもらおう、とか、今度はあるテーマについて会話をしてみようとか。

 

いろんなシチュエーションを考えてレッスンができるんですね。

 

だから、IELTSのスピーキングテストに近い内容のレッスンを受けることができるというわけです。

 

IELTS対策にベストティーチャーが選ばれる理由とは?

TOEICやTOEFLでいくら高いスコアを持っていても、なぜか英会話は苦手な人ってたくさんいますよね。

 

その理由は、机の上での勉強は得意でも、実際にネイティブを前にして英語を話すという環境に慣れていないことにつきます。

 

ベストティーチャーでは、24時間いつでもオンラインで、マンツーマンで英会話を学べることができるので、忙しい社会人の方でも自分のペースで取り組むことができます。

 

また、与えられた教材を学んでいくのではなく、自分が必要する英語を学ぶという他のオンライン英会話スクールにはないシステムを導入しています。

 

これによってIELTSのスピーキングテストに特化した内容を集中して学ぶことができるのです。

 

オンライン英会話

 

 

例えば・・・

 

「あなたのお名前は?」、

 

「どんな仕事をしてますか?」、

 

「週末はいつも何をしてるのですが?」、

 

「あなたの住んでいる場所の特徴を教えて下さい?」

 

など、IELTSのテストでも良く聞かれることは、事前に準備しておくことで確実に間違いなく話せるようになります。

 

ベストティーチャーではこうやって英会話を学ぶ!!

講師と一緒に会話文を作成する

書けない文章は絶対話せません。まずはIELTSで答えるべき会話文を英語で書いて、ベストな会話文を講師に添削してもらいます。

 

講師が録音した英文を何回も聞いて覚える

作成した英文を講師が音声を録音してくれるので、何回も聞いて暗記できるまで音読します。

 

スカイプレッスンでで習得できているかを確認

スカイプでマンツーマンで英会話をします。作成した英文を完ぺきに話せるまで実践してください。

ベストティーチャーのデメリットとは?

ベストティーチャーでIELTSスピーキング対策を学ぶメリットはおわかりいただけたでしょうか?

 

もういちどまとめますと・・・

  1. 24時間好きなときに、世界中の優秀な講師とマンツーマンでスピーキングを学べる
  2. 与えられた教材ではなく、自分の学びたい英語を題材にできる
  3. スピーキングだけでなく、ライティング力も同時に上げることができる

 

ベストティーチャーのデメリットを挙げるとすれば、それは料金が他のオンライン英会話スクールに比べるとやや高いことでしょうか。

 

 

ベストティーチャーのIELTS対策コース(WritingレッスンとSKypeレッスンが無制限)は月々16,200円です。

 

これを高いととるか安いととるかは考え方次第ですが、ちなみに僕が以前通っていたIELTS対策コースは3ヶ月間、週2回4時間で11万円ほどかかりました。実際にはこれに、交通費が別途かかっています。

 

ハッキリ言ってしまうと、リスニングとリーディング対策は、市販の対策問題集でも十分にスコアをあげることができます。机の上での勉強でも十分対応できます。

 

ただ、スピーキングとライティングに関しては、やはり一人で対策できるものではありません。

 

スピーキングとライティングの練習を24時間無制限におこなえることを考えると、月々16,200円というのは決して高くないと僕は思います。

 

ライティング

 

リスニングやリーディングといったインプットの英語力に加えて、スピーキング力とライティングといったアウトプットの英語力を上げることで、IELTSのスピーキングやライティング対策にはもちろんのこと、実際海外へ行ってからも、大いに役立つことは間違いありません。

 

つまり、ベストティーチャーで英会話やライティングを学ぶことで、一生ものの英語力を手に入れることができるといっても過言ではないのです。

最後に・・・

オーストラリアやニュージーランド、カナダなど英語圏への留学、または永住権の申請などで、どうしてもIELTSのスコアをアップさせる必要のある方は、とにかく、少ない時間で効率的にIELTS対策を行う必要があります。

 

特に留学される方は、入学のタイミングで教育機関にスコアを提出しなければならないからです。

 

「何回か受ければいいか・・・」、と思いつつも、試験費用は25000円以上もしますので、金銭的にもそんなに頻繁に受けられるものでもありません。

 

何度もいいますが、ELTSの試験対策でやっかいなのがスピーキングとライティングです。

 

特にスピーキングについては、話す相手がいないとはじまりません。僕が以前通っていたIELTS対策スクールでは、生徒同士、つまり日本人同士でスピーキングの練習をしていたので、今考えるとあまり意味がありませんでした。

 

世界15カ国以上に住むネイティブの講師とマンツーマンで、IELTSの試験内容に沿った内容の質問を受け、日々話しつづけることで、IELTSに必要なスピーキング力を効率的に身につけることができます。

 

想像してください

 

想像してみてください。

 

あなたが、IELTSの目標スコアをクリアして、外国で留学したり、永住権を取得して生活している姿を!

 

迷っている方は、本当に自分に合うかどうか無料体験レッスンからはじめてみてはいかがでしょうか。

 


⇒ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトはコチラから